「 るきな日々 」一覧

猫の十戒

画像

「猫の十戒って何でちゅか??」

以前、テレビ番組で「トキソプラズマ」について誤解を生むような内容が放送された時、全国の猫さんになりかわって??(^-^)、正しい知識をブログにアップされていた、獣医師のぽこ先生(@「どうぶつ病院診療日記」)。

そのぽこ先生が書かれた、「猫の十戒」があると、ニャン友さんのnagomiさん(@「さんたの家」)に教えていただきました。

「犬の十戒」といえば、私達も本館「Somalism***」に掲載させていただいている、作者不詳の有名な詩ですが、「猫の十戒」って??。
“汝、人間がモデムを使っているときに、キーボードに飛び乗るなかれ。”っていう、パロディ風「猫の十戒」は見たことがあるけど、あれとは又違うのかな??。

そう思いながら、nagomiさんちで、ぽこ先生作「猫の十戒」を読んだ私は…

おっと☆それは内緒(^x^)

是非、みなさんご自身で、味わってみてくださいね(*´∇`*)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「猫の十戒」

第一戒
あんまりしつこく触ったりしないでね。
こう見えて、わたしは繊細なんだから。

第二戒
でも、あんまりほったらかしにしないでね。
相手してもらえなかったら、そのうちお家を出ちゃうわよ。

第三戒
わたしが頭をなでてと差し出したら、やさしくなで回してね。
大好きなあなたにやさしくされると、幸せな気分になれるのよ。

第四戒
いつも、わたしだけを見ていてね。
あんまりじろじろ見られるのは苦手だけど、いつも注目されていたいの。
新聞紙の上を占領しちゃうのも、時には大目に見ていてね。

第五戒
わたしを叱って、言うこと聞かせようなんて思わないでね。
強く出れば、おとなしくなると思ったら大間違い。
やなことしようとしたら、ひっかいちゃうわよ。

第六戒
時には、とびきりのごちそうを食べさせてね。
いつも同じのなんて、嫌になっちゃう。

第七戒
猫じゃらしとまたたびは、いつも用意しておいてね。
たまにはうんと暴れて、すっきりしたいときもあるの。

第八戒
わたしが年を取って、あまり遊ばなくなったって、
すぐに新しい子を連れてなんてこないでね。
あなたが目移りするところなんて、見たくはないんだから。

第九戒
いつも振り回してばかりのわたしだったけど、
今までつきあってくれてありがとう。
あなたの困った顔、ちょっとかわいかったよ。

第十戒
わたしが天国に旅立っても、
一緒に過ごした日のことを、ずっと大切にしていてね。
思い出の中で、あなたとずっと一緒にいられる。
それだけで、わたしは幸せだから・・。

作 ぽこ

「どうぶつ病院診療日記 猫の十戒」より転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぽこ先生、転載させていただきました。
ありがと〜ございました(*^-^*)。
nagomiさん、ステキな「猫の十戒」のことを教えてくれて、ありがと〜vv。

画像

「あのね、一番ちゅたえたかったのは
じゅーばんめなんでちゅよ」

「猫の十戒」なのに、桃が喋ってるみたいで、泣けました…。
ぽこ先生、勝手に「うさぎの十戒」にして、ごめんなさい(^人^;)


猫さんは猫面人になるのだ

画像

最近ルナの顔が、普通に“人”に見えてしまう;;;

我が家に迎えたばかりの頃、ラピは猫だった。
それまでは、ワンコママ&うさママの経験しかなかったから、最初、ラピの表情を読み取るのに苦労した。

喜んでる…んだよね。
お腹空いてる…かも。
怒ってる??….気がする。
あれこれ想像しながら、ラピとコミュニケーションをとった。

そのうち、ラピが言葉を喋るようになった。
や、正確に言うと、ラピの顔を見れば、何がいいたいのか分かるようになった(>▽<;;。

そのうちラピの顔が人間に見えてきて、ラピは「人面猫」じゃないかと思うようになった。

さらにラピが成長すると、普通に日本語で話しかける言葉が、全て通じてることがわかった。(この頃、ラピ蔵、日本語検定1級取得)
「人面猫」の正体は「猫面人」だったのだ。

ラピの妹として、小さいルナがやってきた。
ルナが猫だったので、母達はほっとした(´▽`)。

それから、約2年。

ルナっちも、いつのまにか、猫面人になっていた〜〜〜〜;;;;

「ルナをなでなちゃい〜」
「ご飯もっとくだちゃい」
「お母さん、お外の音が怖い〜」
全て、ちゃんと顔言葉で話しかけてくる。

目薬をさす時も、ホントは逃げたいのを我慢して
「う〜んう〜ん」って言いながら、手に汗いっぱいかいて
おとなしく抱っこされている。
聞き分けのいい人間の子供と、どこが違うの??
母ちゃん達には、もう猫さんと人間の区別がつかない( ̄▽ ̄;)

昨夜、母がお風呂からあがったら、ルナがドアの外で待っていてくれた。

「もうお母さんも寝るから、ルナちゃん先にお部屋にいって
ネンネしてなさい」
その一言で、ルナはトテトテと自分のベッドに戻っていった。

ルナっち、日本語検定1級取得、認定です。

画像

るな:「お母さん、今日の日記はエイプリルフール用でちゅか??」
いや、マジっす(>▽<;;

↓このひとは当分大丈夫そう(*≧m≦*)
画像

るき:「おまぃルキたんを誰だと思ってるぅ〜」
うさぬい:「ルキたん」
るき:ガジガジ〜〜〜!!!!
うさぬい:なんで〜〜;;;;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆お知らせです☆

3月31日にメールフォームより、メールをくださいましたぴこ様。
いただいたメールアドレスに、「返信」でお返事をお送りしたのですが、未達で戻って来てしまいました(;^-^A。

たいへんお手数をおかけしますが、できましたら、ぴこさんのメールソフトの設定をご確認のうえ、もう一度ご連絡をいただけますでしょうか。
よろしくお願い致します<(_ _)>。


予知??

昨日は、何となく子供達の様子がヘンだった。
ラピは、落ちつきなく、窓の外や玄関の外を気にして
部屋を徘徊していたし
ルナも、いつもより少しおとなしい感じ…
何かに怯えてるように見えなくもないけど
しっかり食欲はあるし(;^-^A、どこか具合が悪いようにはみえない。

ウチの裏の通りで配管工事をやっていたので
その騒音にビビってるのか
それとも、夜になって激しさを増した雨風にビビってるのか
そんなところだろうと思ってた。

でも、ラピも、ルナも、りゅうも
時々、空中の1点を凝視したり、見えない何かを
目で追うような妙な仕草をしてる。
もしかして、桃かまりんが帰ってきたのかな〜とも思ったけど
母ちゃん達には、気配は感じられなかった。

深夜、近所のわんこ達が、妙に遠吠えを激しくしているのも耳についた。

そして、今日。ニュースをつけたら、石川での大きな地震。

もしかして、子供達の挙動不審はこれだったの??( ̄(エ) ̄|||

現地では亡くなった方もいるようで、被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

地元に帰ってきてから、ほとんど地震を経験したことがない。
東海地震のイメージで、さぞ地震が多い地域だと思われるけど、実際、中規模な地震が頻発するのは、伊豆地方くらい。
静岡市内は、小規模な地震さえ、ほとんどない。

東京に住んでいた時に、しょっちゅう震度3クラスを経験していただけに、この静けさが不気味でもある。

子供達と暮らすようになって、地震のことがいつも頭にある。

自分ひとりで生きてるんだったら、その時はその時って感じだけど、この子達の命だけは絶対に守りたいから…。

みんなが挙動不審になってても
このひとだけは、いつも通りマイペース(*´艸`)
画像

るき:「かも〜ん♪♪」チャイチャイ

画像

るき:「ガジガジガジガジ」

画像

母:「ルキたんは、まだ何も察しないのね(;^-^A」
るき:「それがニャニか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19日と22日の日記に書いた、アメリカのペットフード問題。
何人かのニャン友さん方が、さらに続報を紹介されていたので、そのニュース記事へのリンクをここにも掲載させていただきます。
(Minaさんブルースターさん、リオンままさんの記事を参照させていただきました<(_ _)>)

■asahi.com
■猫ニュース
■CNN.co.jp

原因が、殺鼠剤の混入とは…。
これを食べて亡くなった子達、体調を崩してしまった子達のことを思うと、本当にいたたまれない気持になります…。
とても、対岸の火事とは考えられない。
今、ウチは手作りとカリカリとウエット三種混合だけど
やっぱり完全手作り食にしてしまうのが理想なんだろうかと
思い悩むところ…。